おくすり日記+ 医療機関版

一般の方はこちら

お申し込み

利用規約

第1条(定義)
1.本規約は、株式会社エレクトリック・マテリアル(以下「当社」という)が運用する『おくすり日記プラス(医療機関等向けサービス)』(以下「本サービス」という)の利用条件を定めたものです。
2.本サービスは、本規約に同意した病院、診療所、薬局等に勤務(以下「医療機関等」という)する医師または薬剤師(以下「本ユーザー」という)が利用できるものとします。
3.本サービスは、利用開始に先立ち本規約をご確認の上、「利用規約に同意する」旨のボタンを押した時点で本規約に同意したものとします。

第2条(サービスの内容)
本サービスは、「おくすり日記プラス」(https://plus.okusurinikki.jp/applp/)の利用規約に同意し会員登録したもの(以下「会員」という)が調剤された医薬品に関する情報および会員が服薬記録や健康増進を目的とする自己管理のための情報等(以下「登録情報」という)を登録・保存し、会員が自己の責任に於いて管理・活用するものです。

第3条(本規約の変更と通知)
1.当社は、都合により本サービス及び本規約の内容を変更することができるものとします。
2.当該変更の内容は、当社が運営する本サービスに関するウェブサイト(以下「本ウェブサイト」という)にその旨を掲載することにより告知されるものとします。
3.本ユーザーが当該告知後に本サービスを利用する場合、本ユーザーは変更後の規約に同意したものとします。

第4条(本サービスの利用)
1.当社は、本ユーザーに対し、本規約に基づき本サービスを利用する非独占的かつ譲渡不能の権利を許諾します。
2.本ユーザーは、本規約の各規定を遵守して、本サービスを利用するものとします。

第5条(利用料)
1.本ユーザーは、本サービスを無料で利用できるものとします。
ただし、本サービスを利用するための通信料等は本ユーザーの負担となります。

第6条(情報の管理)
1.当社は、個人情報の管理について、法令に従い厳重な管理体制の下で管理、保管し、当該情報が第三者に漏洩するこのとのないように努めます。
2.個人情報について、本規約に定めるもの以外は当社のプライバシーポリシー(http://www.elmc.co.jp/privacypolicy)に従い、取り扱います。
3.会員の登録情報は、会員が閲覧を許可した本ユーザーのみで利用できることとします。
4.当社は、個人情報の二次利用は行いません。ただし、(レコード数の把握等)本サービスの機械的維持に必要なデータの利用を除きます。
5.当社は、法令に基づく開示の要求がなされた場合には、個人情報を、司法機関、行政機関等の第三者に対して開示できるものとします。

第7条(禁止事項)
1.本ユーザーは、本サービスを再販売、サブライセンス形態等により第三者に利用させることはできません。
2.当社は、本ユーザーが本サービスを利用するにあたり、以下の事由に該当する行為を禁止します。
(1)法令または公序良俗に反する行為、その恐れのある行為。
(2)犯罪行為を助長、またはその実行を暗示する行為。
(3)本サービス利用に必要な個人認証情報を不正に使用、譲渡または貸与する行為、またはそれを助長する行為。 (4)他のユーザー、第三者および当社の知的財産権、肖像権、パブリシティ権などの正当な権利を侵害する、または侵害の恐れのある行為。
(5)他のユーザー、または第三者の財産、信用、名誉またはプライバシーを侵害する、または侵害の恐れがある行為。
(6)他のユーザーまたは第三者に無断で当該人物の個人を特定できる情報を公開する行為。
(7)他のユーザーまたは第三者に不利益または損害を与える行為。
(8)他のユーザーまたは第三者に対する誹謗中傷。
(9)営業や広告などに関する宣伝を目的とする行為。
(10)過度あるいは不適切に特定の外部Webサイトへ誘導することが目的と判断される行為。
(11)アダルトサイト・出会い系サイトなど年齢制限を有するサイトや、違法・有害サイトなどへのリンク行為。
(12)有害なコンピュータ・プログラム等を使用・提供する行為。
(13)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊または妨害したりする行為。
(14)本サービスシステムのプログラム等について、複製、公衆送信(自動公衆送信の場合にあっては、送信可能化を含む。)、伝達、譲渡、貸与、変形、翻案等の利用を行うなど、本サービスシステムのプログラム等を第11条(知的財産権等)に定める範囲を超えて利用し、または使用する行為。
(15)本サービスシステムのプログラムの改変、もしくは改ざんを行い、または逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング(主に、内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換することを指す。)を行う行為。
(16)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定される行為。
(17)本サービスの運営を妨げる行為。
(18)当社の信用を棄損する行為。
(19)当社の定める手順に反する方法で使用する行為。
(20)本規約に違反する行為。
(21)その他、当社が不適当と判断する行為。
3.本ユーザーの前項各号に該当する行為により、当社が何らかの損害を被った場合には、当社は、当該ユーザーに対し、損害を賠償するよう請求することができるものとします。
4.本ユーザーが前項各号に違反した場合には、当社は本ユーザーに本サービスの提供を中止する措置をとることができます。

第8条(提供の中断)
1.当社は、次の各号のいずれかに該当すると当社が判断したときは、本サービスの全部または一部の提供を中断することがあります。
(1)天災地変等の不可抗力により本サービスが提供できなくなったとき。
(2)本サービスに関する機器、設備等の保守、工事等を実施する必要があるとき。
(3)本サービスにおいて使用する機器、設備等に故障、障害等が発生したとき。
(4)災害の予防もしくは救援、交通、通信、もしくは電力の供給の確保または秩序の維持に必要な通信その他公共のために必要があるとき。
(5)当社の運用上または技術上、本サービスの全部または一部の提供を中断する必要があるとき。
2.当社は、前項に定めるほか、本サービスの運用上必要な範囲において、本サービスの利用の制限を行うことができるものとします。
3.当社は第1項に基づく本サービスの全部もしくは一部の提供の中断または前項に定める利用の制限等を計画している場合は、その旨を本サービスサイト上に掲載する方法により本ユーザーに周知するものとします。ただし、緊急やむお得ない場合は当該周知を行わない場合があります。
4.当社は、第1項、第2項の定めに基づき本サービスの提供を中断し、またはその利用を制限したことにより、本ユーザーに損害が生じた場合であっても、一切責任を負わないものとします。

第9条(本サービスの内容変更、終了・中止等)
1.当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。
2.当社が本サービスの提供を終了する場合、当社は本ユーザーに事前に通知するものとします。
3.当社は、本条に基づき当社が行った措置により本ユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第10条(利用制限)
1.当社は、本ユーザーが以下のいずれかに該当する場合は、当該ユーザーの承諾を得ることなく、当該ユーザーの本サービスの利用を制限することがあります。
(1)ワーム型ウイルスの感染、大量送信メールの経路等により、当該ユーザーの個人認証情報が関与することにより第三者に被害が及ぶと判断した場合。
(2)利用状況、当社に寄せられた苦情から、当該ユーザーの個人認証情報が第三者に無断で利用されたと推測される場合。
(3)本ユーザーに対して、電話・FAX・メール等で連絡できない場合。
(4)本ユーザー宛てに発送した郵便物が弊社に返送された場合。
(5)上記の各号の他、当社が必要と認めた場合。
2.当社が前項の措置をとったことで、当該ユーザーが本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとします。

第11条(知的財産権等)
本サービスに関連して、または本サービスを通じて本ユーザーに提供される会員の登録情報以外の情報・コンテンツ等に係わる著作権等の知的財産権その他一切の権利は、当社または第三者に帰属します。利用契約の締結は、本ユーザーに対してこれらに関する何らの権利を移転するものではなく、本ユーザーは利用契約に基づく本サービスの利用に必要な範囲に限って、本サービスを利用することができます。

第12条(責任の制限)
1.当社は、本サービスに瑕疵が発見された場合で、当該瑕疵の補修が必要であると認めた場合は、速やかに補修するものとします。この場合、補修が完了するまでの間は、本サービスを利用できないことがあります。
2.本サービスから得られる会員の登録情報を含む情報またはコンテンツを利用したことによるいかなる結果に対して、当社は一切の責任を負わないものとします。また、本ユーザーと会員、または第三者との間で生じたトラブルまたは損害等について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第13条(業務委託)
当社は、本サービスを提供するために必要となる業務の全部又は一部を第三者に委託することができるものとします。その場合、当社は、当該委託先に対し、本規約に定める当社の義務と同等の義務を課すものとします。

第14条(権利の譲渡)
1.当社は本サービスに係わる事業を他社に譲渡した場合、当該譲渡に伴い本規約に基づく権利及び義務並びに登録情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、本ユーザーは、当該譲渡につき本項において予め同意したものとします。
2.本ユーザーは、利用契約に基づき当社に対して有する権利又は当社に対して負う義務の全部または一部を第三者に譲渡し、承継させ、または担保に供することはできません。

第15条(準拠法)
本規約は、日本法に準拠して解釈されます。

第16条(協議)
本規約に定めのない事項または本規約の解釈について疑義が生じた場合は、本ユーザーと当社はともに誠意をもって協議決定します。

第17条(管轄裁判所)
本ユーザーと当社の間で訴訟の必要性が生じた場合、東京地方裁判所をまたは簡易裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

同意